研修コース
TRAINING COURSE

[ フルハーネス型安全帯使用作業特別教育 ]

講習の概要

墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業に係る業務に従事することができます。

日数・時間数・受講費

日数時間数受講費
1日6時間11,880円

※受講費には、テキスト代・消費税を含んでいます。

定員

30名

受講資格

ありません。

講習内容

6時間
学科

作業に関する知識

1

墜落制止用器具に関する知識

2

労働災害の防止に関する知識

1

関係法令

0.5
4.5
実技

墜落制止用器具の使用方法

1.5

研修日程・コース申込状況

定員30名

1日コース

回数 日  程 空き状況
1 6月1日(火) ×
2 10月29日(金)

使用機器

  • ①フルハーネス型墜落制止用器具(2丁掛け)
  • ②安全帯ぶら下がり体感装置

フルハーネス型墜落制止用器具の使用について

  • 高さ2メートル以上の箇所であって作業床を設けることが困難なところにおいて、墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業(※)に係る業務(ロープ高所作業に係る業務を除く。)に労働者を就かせる時は、特別教育を受けさせなければなりません。
    (※)フルハーネス型の着用者が墜落時に地面に到着するおそれがある場合(高さが6.75m以下の場合)は「胴ベルト型」を使用して作業を行うことができます。
  • 現行の構造規格に基づく胴ベルト型及びフルハーネス型墜落制止用器具を使用できるのは2022年1月1日までです。