研修コース
TRAINING COURSE

[ 危険体感研修 ]

研修の概要

港湾に特有の危険(高所作業、荷、荷役機械、飛来、落下、転倒など)を疑似的に体感し、危険感受性の向上を目的として行う研修です。
港湾現場でも、作業設備や作業環境の整備など安全対策が進み、災害を身近に感じる機会が少なくなっているため、危険を感じ取る能力が低下していると言われています。
この研修では、ハーネスを付けてのぶら下がり、昇降器具の乗り降り、フォークリフトの死角・外輪差、ガントリークレーン・デッキクレーンのクレーンまわりの作業に潜む危険などを疑似的に体験することを通じ、危険を危険と感じ取る能力や危険を予知する能力を養成します。
この研修は、港湾貨物運送事業労働災害防止協会と共催で実施しています。

日数・時間数・受講費

日数時間数受講費
1日6時間19,800円

※受講費には、テキスト代、消費税を含みます。

定員

30名

受講資格

ありません。

研修内容

  6時間
学科

港湾における労働災害の現状と危険体感研修の背景・意義

0.5
実技

デッキクレーン荷役作業に潜む危険体感

5.5

フォークリフトの死角体感

フォークリフトの外輪差体感

フルハーネスの装着

墜落制止用器具でのぶら下がり体感

各種昇降機具の使用時危険体感

ガントリークレーン荷役作業に潜む危険体感

※休憩、受講生の交代、訓練準備等に要する時間を含んでいます。

受講申込先

受講申込みの受付は、港湾貨物運送事業労働災害防止協会各総支部で行っています。
申込方法は、同協会ホームページをご覧いただくか、お電話にてお問い合わせください。
【港湾貨物運送事業労働災害防止協会】
  HPアドレス: 港湾貨物運送事業労働災害防止協会
  電話:03-3452-7201

研修風景

  • デッキクレーン荷役作業に潜む危険体感
  • フォークリフトの死角体感
  • フォークリフトの外輪差体感
  • 落制止用器具でのぶら下がり体感
  • 各種昇降機具の使用時危険体感
  • ガントリークレーン荷役作業に潜む危険体感